水砕カレットを作る

  • 2016.01.24 Sunday
  • 12:02
JUGEMテーマ:アート・デザイン

暖冬はどこへやら、寒い日が続きますね〜。
そんな中、久しぶりに熱いガラスと格闘したので、その記録を。

ガラス制作をするうえで、ガラスを砕いたかけら(カレット)が必要になることがあります。
熔解炉で融けたガラスからカレットを作ります。


作りたいものはこれです。砕けた透明のガラスです。


ゆっくり温度を上げていって、今1300℃にガラスが融けています。
まだ気泡が抜けていませんが問題なし。


大きなお玉でガラスをすくって・・・



鉄板の上にどろーり。



道具で押して平たくしました。
ハンバーグのような、メロンパンのような。。。
(この跡は、もし大きな塊になっても後から割りやすいようにつけています)

固まったかな?というところで水にドボン。



グツグツ沸騰します。湯気で視界真っ白。
熱湯が足に飛んでくるので熱い!

熱いガラスを水に入れることで急冷されてヒビが入り、細かく砕けます。
あとは乾かして完成。
バケツ3つ分できました。


はー、いい汗かきましたっ。

学生の頃、ガラスでお湯を沸かしてコーヒーを淹れる先輩がいましたが、
決して真似しないでくださいね^^

吹きガラス体験は28日からスタートします!

(しのはら)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

(有) 可児ガラス工房 


≪サカエスタジオ≫
〒480-1125
愛知県長久手市氏神前304
TEL 0561−64−2388
Fax 0561−62−6160
nagakute@kani-glass.com

≪カニスタジオ≫
〒509-0247
岐阜県可児市塩河1071-4
Tel/Fax 0574−65−1391
kani@kani-glass.com

☆スタッフ募集中☆

吹きガラス・トンボ玉(経験者)のスタッフを募集しています。 勤務地はわくわく体験館(可児)です。 詳しくは工房までお問合せ下さい。 0574−65−1391 (担当:平野)

ランキングに参加中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM